アンビエ・ドゥーブルビエ

小倉優子さんは慰謝料ゼロ!養育費は月100万円?

2017年3月、タレントの小倉優子さんはカリスマ美容師として知られる菊池勲氏と離婚しました。

離婚の原因は菊池勲氏の不倫ですが、離婚の際にはなぜか慰謝料を受け取らず、その代わりに二人の子どもの養育費として毎月100万円を菊池勲氏が払うことで合意したと言われています。

離婚後、小倉優子さんはシングルマザーのタレントとして芸能界へ本格復帰する様子で、慰謝料をもらって離婚した女と陰口を叩かれるよりも、慰謝料は一円も受け取らず、子どものための養育費を求めた母親…というイメージを大切にしたのかも!?という声も聞こえてきます。

真偽はわかりませんが、一般的な養育費が子どもひとりに対して2~8万円という現実に対して、月に100万の養育費は桁外れと言うべきでしょう。

不倫して離婚の憂き目に遭った菊池勲氏ですが、カリスマ美容師というのは過去の呼称で実際は雇われ美容師だったことが明らかになっています。

小倉優子さんは、自身のタレントとしての価値を守るために、あえて慰謝料を受け取らないことを選んだみたいです。

目先の慰謝料よりも、長期間にわたってもらうことができる養育費…。さすが、女性は計算力が強いですね!

さて、元夫の菊池勲さんは、この先、本当に毎月100万円もの養育費を払って行けるのでしょうか?