アンビエ・ドゥーブルビエ

債務者は読むべき!アイフルから借りたお金の時効はいつか?

アイフルから借りたお金に関して時効の援用をする場合、再度時効を援用できるのか確認することが重要です。途中で借りたお金を中途半端に支払っていないかどうかをチェックすると良いです。

時効を主張するには最後の返済から5年以上経過している必要があります。それをチェックするためにはアイフルから送られてきた通告書のなかに約定弁済期日と弁済期という項目があるかどうかを確認する必要があります。

もし約定弁済期日もしくは弁済期が5年以上前の日付であれば時効の可能性が高まります。

最後に返済した期日から加算して5年が経過している場合は、アイフルに連絡するのを控えるべきです。下手にコンタクトをとることで時効援用を円滑にできなくなる恐れがでてきます。

因みに、その会社から来る通知書には元金を一括返済すれば利息と損害金を全額免除する、と書かれていることがありますが、そもそも時効が発生しているのであれば損害金も元金も支払う必要は無いです。

その会社に対して時効援用をする場合は内容証明郵便で援用した方が良いです。その方法が最も低くリスクを抑えながら時効援用をうまくできる可能性があるからです。

利息や損害金を除いた元金が140万円以下であれば司法書士が手続きを代行してくれます。もし依頼をした場合はそのキャッシングサービスの会社から明細書を取り寄せて時効の中断事由がないかどうか確認してくれますし、債務者の状況によっては過払い金が戻ってくることもあります。引用:消滅時効の援用手続き方法【簡単にわかる!】