アンビエ・ドゥーブルビエ

多汗症というのは

一言に多汗症といっても色々な理由で起きることになります。過度のストレスとか緊張から発生することもありますし、汗腺の量が多いとかそうした理由もあります。

自律神経が乱れていることによる場合もあります。色々と定義があるのですが日常生活に支障が出るレベルで汗が出て来るというのは病気になりますから素直に病院にいくようにしましょう。どのように治すのか、といいますと薬があります。

そもそも交感神経の反応が強くなっていることが原因であることが多く、薬によってその交感神経の末端から放出されるアセチルコリンの放出を妨げる、ということにより、汗の量を減らすという方法があります。

ちなみに喉が渇きやすくなるとか目のかすみなどの副作用もありますから、注意しておきましょう。或いはアルミニウムが配合されている制汗剤を各部位に塗る、ということもありでしょう。こうすることによって、汗自体は抑えることは可能になっています。

それが身体的によいことであるのか、というのはまた別になるのですが抑える方法としてはしっかりと確立されているといえるでしょう。多汗症は割りと心理的な部分からのアプローチで治ったりすることもありますからそちらの面から攻めるのもよいでしょう。

顔汗を止める方法とは